毒針がブスッと刺さる恐ろしさ|蜂の巣の退治はプロに任せるべし

見た目と裏腹

ネズミ

繁殖力が旺盛

ねずみは見た目は可愛いのですが自宅に住み着かれると厄介な動物です。猫を飼っているとねずみ駆除してくれると言う話はひと昔前のお話しで、今の飼い猫はねずみを見つけても遊び半分に追い回す位で余り役に立ちません。ねずみの害と言うと病原菌を持っている可能性が高く病気を媒介する危険がある事、ねずみ自身の前歯が伸び過ぎるのを防ぐ為(猫の爪研ぎと同じ)に、家の柱や家具類を齧られてしまうと言う事ではないでしょうか。繁殖力も旺盛で1年に5〜6回妊娠し、一度に5〜6匹の子供を産みますので自宅で見つけた場合には、早めのねずみ駆除をする必要があります。専門業者へお願いするのが一番確実な方法ですが、費用的な負担も大きくなってしまいます。

併用が効果的

ご自身でねずみ駆除をされる場合には幾つか方法がありますが、まず大事なのは餌となる食事の食べ残しや食材等をねずみの届く範囲に置かない事が大前提となります。ホームセンターにねずみ駆除グッズが沢山販売されていますが、その中でも罠(粘着シートやケージタイプ、バネ式タイプ)を仕掛けて捕獲する方法が確実です。粘着シートであれば、ねずみを捕獲してもそのまま生ごみとして捨てる事も出来ます。ただ、ねずみは頭の良い動物で何度も同じ場所に罠を設置すると学習して引っ掛からなくなります。ねずみの通り道になりそうな場所にパターンを変えながら罠を仕掛けて知恵比べが必要ですが、罠を仕掛けていない場所に殺鼠剤(毒餌)を仕掛けておくと言った併用も効果的です。